So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ

サッカー日本代表 イラク メンバー [サッカー]

サッカー日本代表のイラク戦のメンバーを
ご紹介します。

GK 川島永嗣(スタンダール)
西川周作(広島)
権田修一(FC東京)
DF 駒野友一(磐田)
岩政大樹(鹿島)
伊野波雅彦(神戸)
水本裕貴(広島)
長友佑都(インテル・ミラノ)
吉田麻也(VVVフェンロ)
酒井高徳(シュツットガルト)
酒井宏樹(ハノーバー)
MF 遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
長谷部誠(ウォルフスブルク)
細貝萌(レーバークーゼン)
本田圭佑(CSKAモスクワ)
高橋秀人(FC東京)
FW 前田遼一(磐田)
岡崎慎司(シュツットガルト)
ハーフナー・マイク(フィテッセ)
香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)
清武弘嗣(ニュルンベルク)
原口元気(浦和)

以上23名のメンバーです。
このメンバーでサッカー日本代表は、
ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4戦のイラク戦を
戦うことになりました。
今野(G大阪)、内田(シャルケ)、栗原(横浜M)は、
イラク戦は出場停止のため、
選出されませんでした。

現在、B組では、日本が2勝1分の勝ち点7で首位、
イラクが、2分で勝ち点2の2位につけています。
イラクは、ジーコ元日本代表監督が率いており、
決してあなどれない相手です。
9月6日に行われたUAEとの強化試合でも、
日本は決定力不足を露呈し、
1得点に終っています。
本田、香川らの奮起に期待したいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤングなでしこ 銅メダル [サッカー]

ヤングなでしこが、銅メダルを獲得しました。

9月8日、東京の国立競技場で行われた
サッカーU-20女子W杯3位決定戦で、
日本はナイジェリアを2-1で破り、
銅メダルを獲得しました。

この試合の前半24分、
田中陽子(MF)が豪快なミドルシュートを決め、
前半を1-0で終了しました。

この田中陽子の左足でのシュート、
すごい迫力がありました。
女子サッカー選手としては、
世界的にみても一流のシュートだったと思います。
このシュートがナイジェリアの選手たちに
精神的ダメージを与えたのは間違いありません。
試合序盤は、ナイジェリアのペースだっただけに、
このゴールは試合の流れを完全に変えました。

後半5分には、MF柴田華絵のドリブル突破からのパスを受けた
FW西川明花のゴールで2-1とナイジェリアを突き放しました。
西川のこのゴールも決して優しいものではなかったと思います。
とても精度が高く決定力のあるゴールでしたね。
スピードも抜群でした。

しかし、ナイジェリアも後半29分に
オパラノジーがFKを直接決め2-1と詰め寄ります。
このオパラノジーのゴールも素晴らしいキックでした。
確実の世界の女子サッカーは、レベルアップしているのを
感じさせられたゴールでした。

ここからナイジェリアの猛攻が始まりますが、
ヤングなでしこは、なんとかしのぎました。
ナイジェリアは、さすが前回の準優勝チームでしたね。

試合後は、ヤングなでしこのメンバーは
喜びの涙を流し、
ナイジェリアの選手の中には、
グランドに崩れ落ちる選手もいました。
しかし、両チームの選手ともに
素晴らしかったと思います。
ナイジェリアは、今後、長いあいだ、
なでしこジャパンのライバルとなるはずです。
次の対戦するときまで、
また、切磋琢磨して、
私たちに感動を与えてくれることを期待します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

香川真司 マンU 速報 [サッカー]

香川真司 マンU 速報です。

香川真司(23)が、

マンUの本拠地オールド・トラフォードの開幕戦で、

プレミアリーグ第1号のゴールを決めました。

8月25日マンUのホーム開幕となるフルハム戦で

香川真司は、2試合連続でトップ下で

先発出場しました。

この試合で、

イングランド代表FWウェイン・ルーニー(26)が

スタメン落ちしたため

香川真司が、マンUの攻撃の起点となりました。

1-1で迎えた前半35分に貴重なゴールを決めました。

この試合では、

1トップのオランダ代表ファンペルシーとのコンビでした。

ファンペルシーも今季マンUに移籍してきた

世界的なストライカーです。

ゴールの2分後には、

左足で左ポスト直撃のシュートを放ちました。

この試合には、マンUの大ファンとして知られる

ウサイン・ボルト(26=ジャマイカ)も

観戦に来ていたようです。

香川真司は、後半23分にルーニーと交代しますが、

この時7万5352人観衆から

スタンディングオベーションを受けました。

本拠地オールド・トラフォードの開幕戦で、

得点を決めるなんて天も

香川真司に味方しているようです。

今後の活躍が楽しみですね。

ただイングランドプレミアリーグは、

世界でもっともあたりが激しいと

言われているだけに

怪我には注意してほしいですね。

香川真司の世界的大選手への一歩となる

試合だったと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。