So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

川西明峰高校 事件 加害者 名前 [ニュース]

川西明峰高校で起きた事件の加害者の名前は、
明らかにされていません。

川西明峰高校の2年生の男子生徒が、
自宅で自殺した事件で、
校長の発言が問題になっています。

この校長は、自殺した高校生の両親に対して、
「亡くなったことを学年集会で説明する際には、
自殺でなく不慮の事故だったことにできないか。」
と打診していたそうです。

さらに、自殺事件の説明を行う保護者会には、
担任の教員が欠席したという事実もあったようです。

このような、学校側の態度を見ると、
とても不審に思います。

高校生の自殺の原因が学校側にないのなら、
このような校長の発言や担任の行動をする
必要はないはずですよね。

やはり、川西明峰高校の事件では、
学校で自殺の原因になる何かが起こったのでしょう。
校長を始め担任などの学校関係者は、
早急に原因を調査すべきです。

自分の学校の生徒が、
自ら命を絶ったということを
真剣に受け止めるべきです。

この校長や担任には、
恥を知れと言いたいですね。

高校で、このような非人道的な、
人物が教鞭をとっていると思うと
ぞっとします。

兵庫県教育委員会や川西市教育委員会は、
早急に、川西明峰高校の
立ち入り検査を行うべきです。
自殺の原因を早急に調査する必要があるでしょう。

そして、亡くなった高校生のご両親に対して、
不適切な発言をした校長を
速やかに処分すべきでしょう。

今回の事件といい、
大津事件をはじめとする
全国各地のいじめ事件といい、
学校側の教育者の姿勢が、
あまりにもずさんだと思います。

いい加減な人間は、
教育の現場から排除すべきだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今井メロ 本 出版 [ニュース]

今井メロが、本を出版します。

この本の題名は、
「泣いて、病んで、でも笑って」(双葉社)です。
今井メロの初自叙伝ですね。

彼女は、2006年のトリノオリンピック、
スノーボード・ハーフパイプ代表になって
有名になりました。
現在、24歳です。

この自叙伝の内容を調べてみました。

彼女は、トリノオリンピックで惨敗し、引きこもりがちになります。
この時、18歳です。
その後、キャバクラ、デリバリーヘルスなどに勤めたそうです。

デリバリーヘルスに勤めたことを
過去にマスコミから質問を受けたことがありますが、
これまでは、完全否定してきました。

しかし、自叙伝を出版するにあたり、
正直に公表することを決意したそうです。

この本では、彼女の過去を赤裸々につづっています。
彼女の過去には、父との確執やリストカット、レイプ、中絶などの
出来事があったようです。

今年、8月には、自身2度目の離婚をしたそうです。
整形手術も受けたようです。
4月までは、生活保護も受給していたようです。
子どもさんを2人育てているんですね。

「泣いて、病んで、でも笑って」(双葉社)の出版発表会見が、
9月19日に開かれ、25日には、
「嵐を呼ぶあぶない熟女 どーなってるの芸能界SP2」(TBS)に
出演します。

今井メロ、今まで相当、苦労したんですね。
でも、彼女の場合、自ら不幸や苦労を
引き寄せているように見えます。

引きこもりになるのは、仕方ないとしても
キャバクラやデリヘルで働くのはどうかと思います。
キャバクラで働くのが悪いという意味ではなく、
そういうところで働くことによって、
良くない生活を送ってしまう事が、
不幸の原因だと思います。

自己管理がきちんとできなくなって、
重要な決定を流されて決めてしまうんですね。
彼女の場合、考え方を変えないと
同じことを繰り返すと思います。

今は、本を出版できることだけにでも
感謝の気持ちを示すべきです。
心から、感謝することです。

そして、これからの人生、
優しさ、穏やかさなどの
良質の感情を保ってすごすことです。

そうした、日常からの
心のありかたをきれいに保てば、
驚くほど楽しい人生が送れるはずです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小玉智裕 [ニュース]

小玉智裕という大学生が、
小学校6年生の少女を連れ去り、
逮捕されました。

小玉智裕は、広島市にある西広島駅の近くの路上で、
少女にナイフを突きつけ、
正座してバッグに入れと脅しました。
そして幅70cmほどのバッグに
少女を入れタクシーに乗り込みました。
タクシーの運転手に、
広島駅に言ってくれと告げたそうです。

小玉智裕容疑者が乗ったタクシーの運転手星山寿幸さんによると、
運転中に後部トランクから
妙な音が聞こえたきたそうです。
不審に想い、小玉智裕容疑者に
犬でもバッグに入れているのかと聞いたそうです。
この質問に小玉智裕容疑者は答えませんでした。

交差点で信号待ちのために停車した時に、
再び星山寿幸さんが、人でも連れ込んだのかと聞くと、
小玉智裕容疑者はタクシーを降り、逃げ出しました。
星山寿幸さんは、すぐに追いかけ取り押さえました。
通りすがりの人にトランクを開けるように頼み、
この人はトランクのバッグを開けると、
中から少女が出てきたそうです。

少女は、半泣き状態だったようですが、
周りの人がもう大丈夫だよと声をかけたそうです。

小玉智裕容疑者は、成城大学の学生で
東京都在住です。
広島には、親戚がおり、土地勘はあったようです。

警察によると、面識のない少女を連れ去っているため、
金銭目的ではないようです。
現在、小玉智裕容疑者の犯行の動機を取り調べているそうです。

それにしたも今回の事件では、
タクシーの運転手星山寿幸さんの機転がきいていたので、
幸い無事に済みました。
少女が無事で良かったです。

大学によると小玉智裕容疑者は、
最近、学校に出てきてなかったようです。
都会で一人で暮らしていると、
危険な思考になる傾向があると思います。
やっぱり、人とのふれあいが
普段から大切だと感じています。
タグ:小玉智裕
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

堂上隼人 保護観察 [ニュース]

堂上隼人(どうふえはやと)は、保護観察中だったという
噂がありますね。
堂上隼人をご存じないかたも多いと思いますが、
彼は、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスの捕手です。
その堂上隼人が8月23日に強制わいせつ罪容疑で
警察に逮捕されました。
堂上隼人容疑者は、8月19日、福岡市内のアパートで
20歳の女性に暴行をくわえたうえ、
わいせつな行為をはたらいたようです。
このアパートの防犯カメラに
堂上隼人容疑者の姿が写っていたとのことです。
福岡では、最近、似たような事件が多発しているようで
警察は堂上隼人容疑者の余罪を追及しているようです。
堂上隼人は、プライベートで
とても素行が悪かったようです。
そのため保護観察になったという噂があります。
確かに今回のような行動は
異常ですね。
正常な判断能力をなくしていたといえます。
堂上隼人は、野球に集中していれば
相当高い能力があったと言われています。
どこでどう間違えて誤った道に進んでしまったのでしょうね。
人間は考えかたひとつで、
どうにでもなるものです。
健全な思考が大切ですね。
プラス思考がすべてだとは言えないかもしれませんが、
前向きに考えるというのが重要だと思います。
人間は暗いほうに考えてしまいがちですが
無理にでも明るく考えるようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。