So-net無料ブログ作成

川西明峰高校 事件 加害者 名前 [ニュース]

川西明峰高校で起きた事件の加害者の名前は、
明らかにされていません。

川西明峰高校の2年生の男子生徒が、
自宅で自殺した事件で、
校長の発言が問題になっています。

この校長は、自殺した高校生の両親に対して、
「亡くなったことを学年集会で説明する際には、
自殺でなく不慮の事故だったことにできないか。」
と打診していたそうです。

さらに、自殺事件の説明を行う保護者会には、
担任の教員が欠席したという事実もあったようです。

このような、学校側の態度を見ると、
とても不審に思います。

高校生の自殺の原因が学校側にないのなら、
このような校長の発言や担任の行動をする
必要はないはずですよね。

やはり、川西明峰高校の事件では、
学校で自殺の原因になる何かが起こったのでしょう。
校長を始め担任などの学校関係者は、
早急に原因を調査すべきです。

自分の学校の生徒が、
自ら命を絶ったということを
真剣に受け止めるべきです。

この校長や担任には、
恥を知れと言いたいですね。

高校で、このような非人道的な、
人物が教鞭をとっていると思うと
ぞっとします。

兵庫県教育委員会や川西市教育委員会は、
早急に、川西明峰高校の
立ち入り検査を行うべきです。
自殺の原因を早急に調査する必要があるでしょう。

そして、亡くなった高校生のご両親に対して、
不適切な発言をした校長を
速やかに処分すべきでしょう。

今回の事件といい、
大津事件をはじめとする
全国各地のいじめ事件といい、
学校側の教育者の姿勢が、
あまりにもずさんだと思います。

いい加減な人間は、
教育の現場から排除すべきだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。