So-net無料ブログ作成

今井メロ 本 出版 [ニュース]

今井メロが、本を出版します。

この本の題名は、
「泣いて、病んで、でも笑って」(双葉社)です。
今井メロの初自叙伝ですね。

彼女は、2006年のトリノオリンピック、
スノーボード・ハーフパイプ代表になって
有名になりました。
現在、24歳です。

この自叙伝の内容を調べてみました。

彼女は、トリノオリンピックで惨敗し、引きこもりがちになります。
この時、18歳です。
その後、キャバクラ、デリバリーヘルスなどに勤めたそうです。

デリバリーヘルスに勤めたことを
過去にマスコミから質問を受けたことがありますが、
これまでは、完全否定してきました。

しかし、自叙伝を出版するにあたり、
正直に公表することを決意したそうです。

この本では、彼女の過去を赤裸々につづっています。
彼女の過去には、父との確執やリストカット、レイプ、中絶などの
出来事があったようです。

今年、8月には、自身2度目の離婚をしたそうです。
整形手術も受けたようです。
4月までは、生活保護も受給していたようです。
子どもさんを2人育てているんですね。

「泣いて、病んで、でも笑って」(双葉社)の出版発表会見が、
9月19日に開かれ、25日には、
「嵐を呼ぶあぶない熟女 どーなってるの芸能界SP2」(TBS)に
出演します。

今井メロ、今まで相当、苦労したんですね。
でも、彼女の場合、自ら不幸や苦労を
引き寄せているように見えます。

引きこもりになるのは、仕方ないとしても
キャバクラやデリヘルで働くのはどうかと思います。
キャバクラで働くのが悪いという意味ではなく、
そういうところで働くことによって、
良くない生活を送ってしまう事が、
不幸の原因だと思います。

自己管理がきちんとできなくなって、
重要な決定を流されて決めてしまうんですね。
彼女の場合、考え方を変えないと
同じことを繰り返すと思います。

今は、本を出版できることだけにでも
感謝の気持ちを示すべきです。
心から、感謝することです。

そして、これからの人生、
優しさ、穏やかさなどの
良質の感情を保ってすごすことです。

そうした、日常からの
心のありかたをきれいに保てば、
驚くほど楽しい人生が送れるはずです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。