So-net無料ブログ作成
検索選択

ビューティフルレイン 10話 あらすじ [ドラマ]

ビューティフルレイン 10話のあらすじをご紹介します。

木下圭介(豊川悦司)は、美雨(芦田愛菜)の

転校や引越しのための必要書類を

美雨を預けている沼津の

一夫(浜田晃)と愛子(岩本多代)に送ります。

その中に美雨宛の手紙も入れておきました。

圭介は、その手紙で美雨に

夏休み最後の日に迎えに行くこと、

その時に大事な話があると

綴っていました。

手紙を送った直後、

美雨が東京帰ると書き置きして、

一人でバスに乗ったと

一夫から電話が入ります。

前夜、一夫と愛子は、美雨に尋ねられ、

しかたなく、美雨がこのまま

沼津に住むことを話してしまったのでした。

圭介は、バスターミナルで美雨を見つけ

家に連れて帰ります。

そこで、自分の病気のことを

美雨に話します。

そして、明日、沼津に行くように

美雨に告げます。

中村産業の社長・中村富美夫(蟹江敬三)と

妻の千恵子(丘みつ子)にことの事情を説明し、

夏休みをとらせて欲しいと申し出ます。

次の日、美雨は自分の部屋の入り口に

バリケードをはり沼津行きを拒否します。

アカネ(中谷美紀)が、そんな美雨に

声をかけます。

アカネは、圭介と同じ病気だった義母を

看病していた時のことを美雨に話します。

圭介が、若年性アルツハイマーにかかって

かわいそうだけど、

圭介も美雨もいい人間に囲まれて幸せだとも

思います。

人生が長かろうが短かろうが

美しい心の持ち主は、

人に素敵なものを残してくれますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。