So-net無料ブログ作成
検索選択

GTO ドラマ 9話 [ドラマ]

GTO ドラマ 9話のあらすじです。

GTO ドラマ 9話では、

鬼塚英吉(AKIRA)の明修学苑での、

これまでの通常の教師では、

ありえない行動を何者かが

マスコミのリークしたため、

学校にマスコミが押し寄せ

大騒ぎになっています。

内山田教頭(田山涼成)は、

このことを理由に英吉に

クビを宣告します。

英吉は、不登校になっている

相沢雅(川口春奈)に最後の授業を

するために、もう一日だけ

クビを待って欲しいと頼みます。

英吉は、2年4組の生徒たちから

雅の不登校の原因になっている

1年前におきた水樹ななこ(谷内里早)の

自殺の詳細を聞きます。

英吉は雅に

「もうすぐクビになるから、

最後に教師っぽいことをさせてくれ」

と言って自宅から連れ出します。

英吉は、不良の後輩が集まるクラブに

雅を連れて行き後輩たちの

不良だけど夢を持って生きているという

話を聞かせます。

しかし、雅には伝わりません。

雅は、「ななこの未来を奪ったのは私だから…」と、

自分を責めつづけます。

英吉と神崎麗美(本田翼)は、

雅の自宅を訪れ自殺した水樹ななこの

日記を見つけます。

その日記には、彼女が自殺した原因は

クラスメイトに信じてもらえなかったことだと

記されていました。

その内容を雅が書き換え

担任のせいにしたのでした。

2年4組のクラスメイトたちに

雅から「ケジメはちゃんとつける」

というメールが届きます。

彼女は死を決意していたのでした。

英吉は、生徒たちに

「相沢を本当に救えるのはお前らしかいない」

と説きます。

自殺を決意した雅は、

水樹ななこが自殺した

屋上に佇みます。

そんな雅をクラスメイトたちが

説得します。

雅は、もう一度やり直そうと

考え直します。

翌日、学校では

英吉の進退問題を協議するため

緊急理事会が開かれます。

理事長の桜井良子(黒木瞳)が、

一人英吉をかばいますが、

そこに英吉が現れ辞表を提出し、

学校を去っていきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。