So-net無料ブログ作成
検索選択

ビューティフルレイン 9話 [ドラマ]

ビューティフルレイン 9話のあらすじです。
ビューティフルレイン 9話は、
「娘の未来のために…今、伝えるべき真実」です。
木下美雨(芦田愛菜)は、沼津の祖父母の家に引っ越します。
圭介(豊川悦司)は、美雨が去って
寂しさを感じながら
今までの生活を続けます。
圭介の勤める中村産業の社長の中村富美夫(蟹江敬三)、
その妻千恵子(丘みつ子)、同僚の勝田秋生(三浦翔平)、
宗田清(でんでん)も、圭介を気遣います。
千恵子は、圭介と美雨が離れ離れに暮らしていいのかと心配します。
アカネ(中谷美紀)と富美夫は千恵子に、
余計なことは言うなと釘をさします。
数日後、圭介は主治医の古賀豊(安田顕)の
診察を受け若年性アルツハイマーの
病状が進行していることを知ります。
病状が進行するとあと5年ほどで
家族の名前や顔がわからなくなる可能性があることを
知ります。
古賀医師は、圭介に美雨の将来のためにも
今からいろいろな準備をしていたほうがいいと
助言します。
千恵子は秋生に
「圭介と美雨が今のままでいいか。」
と尋ねます。
千恵子は、親子が離れ離れに暮らすのは間違っていると
自分の考えを話します。
もう一度、美雨と会えば圭介の考えも変わるにではと続けます。
千恵子の言葉を聞いて秋生は、
あることを決意し圭介をドライブに誘います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。